輸入代行

輸入代行の注意

個人で輸入代行を利用しようとする場合にはいくつかの注意事項があります。
まずは費用です。
商品の価格だけを見ていると非常に安く入手できるような気がしますが、実際には輸入代行業者への手数料、国際送料、消費税、関税などが掛かってきます。
これらをすべて合わせても安いと思えるならば、利用してもよいでしょう。
一般には国内で入手できない商品を購入している人が多いようです。
それから、発注の方法です。
具体的な手配の仕方は業者によって異なっています。
また、いくつかのコースを設けて、それぞれに料金設定をしている時もあります。
例えば、すべてお任せコースとか、オークション利用の代行コース、転送サービスなどがあります。
それぞれの違いを理解した上で、適切な注文をしなければなりません。
それから、商品が届くまでの日数も知っておきましょう。
外国からの輸送ですから、船便となります。
アメリカから日本までの場合で約1週間は見ておかなければなりません。
ヨーロッパなどの場合はもっと掛かると考えておきましょう。
もちろん、発注の仕方によっても異なってきます。
梱包については輸入代行業者が責任を持って行います。

多くの業者で無料サービスとなっているようです。
また、電気製品などは購入時に専用の箱に収められていることがほとんどですから、そのままの状態で送付されますね。
梱包が必要かどうかは業者の判断によります。
また、実際に送られてきたものが破損していた場合には業者の責任によって交換もしくは弁償となります。