輸入代行

輸入代行の手数料

あなたは輸入代行を利用したことがありますか。
輸入代行とはあなたの代わりに現地の人が買い物をして、日本まで送ってくれるサービスです。
買い物の他に送料や関税にかかる費用そして業者に支払う手数料が必要です。
国内で購入できないものが欲しい時には輸入代行を利用することが現実的です。
それでは必要な手数料はいくらくらいでしょうか。
商品の価格の10%程度です。
もちろん、業者によって手数料の体系は異なっていますが、最低料金が設定されていたり高額品の場合は別途見積が提示されます。
買い物をする時の支払いはドル建ての場合が多いですから、円高の時には割安感が出ます。
それから業者を選定する時には手数料の安いところを選びましょう。
アメリカから日本へ商品を送る時には国際送料がかかります。
もちろん、国内の配送料よりも高くなります。
また、重量と大きさによって価格が異なります。
船便の場合は船の中で占めるスペースが料金となるのです。
国際送料は国によっても異なります。
アメリカからの例で言えば、1ポンドで19ドル、10ポンドで38ドルです。
1ドル100円で計算しても、意外と安いですね。

また、この送料に国際燃油特別付加運賃が加算されます。
そして、それらすべてに税金がかかります。
国内の諸費税と関税です。
いろいろとお金を払わなければならないのですね。
このような費用を払っても、安い買い物になるケースも多いのです。
また、日本に売っていないものなら、なおさら欲しくなりますよね。