輸入代行

輸入代行と通販

輸入代行と通販はどう違うのでしょうか。
通販は国内で、輸入代行は海外だと思っている人は勘違いをしていますね。
輸入代行業務について説明しましょう。
まず、あなたは日本にいます。
そして、商品を販売している業者はアメリカです。
販売業者は国内での販売のみをやっています。
そこで、あなたに代わって輸入代行業者が商品を購入してくれるのです。
そして、購入した商品をあなたの自宅まで国際輸送してくれます。
これが輸入代行です。
あくまでも個人がやるべき輸入手続きを代行しているだけです。
輸入代行業者が販売しているわけではないのです。
大きなショッピングサイトはインターネット上に店舗を展開しています。
日本で言えば楽天のようなものですね。
自分が欲しいものを探して、それを輸入代行業者に依頼します。
購入代金、送料、消費税、税関、そして業者への手数料などの費用がかかります。
海外で直接購入する場合は、間違いなく安く購入できます。

手数料などを考慮しても安いのです。
このやり方に慣れてしまうと、国内で購入することがばからしくなってしまうらしいです。
国内の高いものを買いたくなくなってしまうのですね。
国内でも通販サイトの方が店舗よりも安いでしょう。
その通販サイトよりも輸入代行の方が安いのです。
もちろん、購入する商品によって価格は異なります。
元々、国内では入手できない商品もたくさんあるからです。
そのような商品は少々高くても輸入代行を利用しなければなりませんね。