輸入代行

輸入代行の手続き

輸入代行の手続きについて紹介しましょう。
個人輸入を自力でやろうと考えている人はどれくらいいるでしょうか。
現地で商品を買って、それを日本に送ってもらうだけです。
英語が堪能ならいいのですが、そうでなければちょっと難しいかもしれません。
メールでのやり取りは辞書を持っておけば意思の疎通程度はできるかもしれません。
しかし、税関や消費税の支払いなどを考えると、非常に面倒ですよね。
そこまでして、手に入れたいものなのかどうかですよね。
そこで、輸入代行業者に依頼することになります。
手数料を払うのですから、面倒な手続きは一切ありません。
それが輸入代行なのです。
輸入代行を利用することによって、簡単に商品を輸入することができます。
実際にどのような手続きが必要なのかは税関のホームページを見るとわかります。
日本に送られてきたものは一旦倉庫に入れられます。
そして税関の検査を経て、引き渡しとなるのです。
その前に輸入申告書を記入して税関に提出しておかなければなりません。
商品が届いたら税関から取りに来るようにとの連絡があるのです。

インターネットの時代になったのですから、すべてパソコンからできればいいのですが、そうではありませんね。
また、輸入代行サービスの一つとして転送サービスがあります。
これは現地での買い物は自分でやって、日本への輸送だけを業者に依頼するものです。
こちらの方が手数料は安くなります。
オンラインショッピングで購入すればいいだけですから、気軽に利用できますね。