輸入代行

輸入代行は得か

外国の商品を購入したいと思ったことはありますか。
国内に輸入されている商品でもいいのですが、どうしても外国だけで販売されている場合や、輸入品が高額だったりすることがあります。
このような時に輸入代行を考えるのです。
自分で輸入することは難しいですから、輸入代行業者に依頼するということですね。
輸入代行サービスは有料です。
商品によって異なりますが、商品の金額の10%程度が手数料として必要になると考えておきましょう。
その金額が安いかどうかは、個人の価値観の問題でもあります。
国内に入ってくる商品よりも、国外で直接購入した方がよい品物を入手することができると考えている人もいます。
単に払うお金のことだけを考えれば、それほど安くなりません。
輸入代行業者に支払う手数料の他に国際発送料や消費税、関税などが必要だからです。
高額なものであれば、保険をかけておくこともありますね。
また、国際発送料では商品の大きさと重さで送料が決まります。
船便に乗せるスペースが重要になるのです。
したがって、購入する前に費用を業者に確認しても、送料の部分は未確定となります。
大きさがわからないからですね。
また、輸入代行でもどの部分を代行してもらうかによって手数料は変わってきます。

つまり、購入と検品、発送の手続きの中であなたができる部分は自分でやればいいのです。
オンラインショップで購入する時に支払いがクレジットなら問題なく自分で払うことができるでしょう。
国外への配送に対応してくれるかどうかで輸入代行の利用が決まるのです。