輸入代行

輸入代行と法律

輸入代行で商品を購入しようとする時には法律の制限のことを知っておかなければなりません。
それは輸入代行の制限ではなく、輸入の制限です。
多くの人が医薬品などを個人輸入代行サービスを利用しています。
誰にも知られずに気軽のバイアグラなどを購入することができるのです。
国内の薬事法で輸入が認められていなくても、個人的な使用に限って輸入が認められている商品はたくさんあります。
つまり、輸入代行とはあなたの購入を手助けしているだけです。
業者が販売したものをあなたが購入しているわけではないのです。
わからなければいいと考えている業者も実際にはいます。
しかし、厚生労働省もそのことを把握しており、輸入代行業者の指導や取り締まりを実施する時もあります。
無承認医薬品の輸入や広告をやっていると、それは薬事法違反です。
また、輸入代行業者の宣伝につられて、違法な輸入をすればあなたも罪に問われることになるのです。
どのようなものが違反となるのかを十分理解しておきましょう。
業者の中には個人で経営しており、アルバイト感覚の人もいます。
そのような業者にだけは依頼しないようにしましょう。
輸入代行を賢く利用することで、外国の商品を安く購入することができます。
しかし、手数料の金額ばかりを見ていては、業者選定を誤ってしまうかもしれません。

相場よりも安い手数料はちょっと疑うべきですね。
もっとも、多くの業者は良心的です。
そこまで心配する必要はないでしょう。
法律に違反しそうな商品を購入しないことが一番ですね。