輸入代行

輸入代行の制限

個人輸入とは営業目的ではなく、個人的な使用のために海外の商品を購入することです。
実際に自分が外国に行って購入することもできるでしょうが、輸入代行サービスを利用して日本に送ってもらうこともできます。
いずれの場合でも国内に持ち込むためには制限があります。
特に医薬品や化粧品などは成分によって輸入禁止になっているものもあります。
それを知らなくても輸入してしまえば、違法となるのです。
もちろん、輸入代行業者はそのような情報には敏感です。
医薬品の場合には数量制限も設けられていますね。
一時期新聞などでも騒がれていたバイアグラも医薬品です。
日本への持ち込みには制限がかけられています。
通常の洋服や家庭内で使用するものに関しては、それほど制限されているものはありません。
しかし、輸入代行を利用する前に予備知識として詳しく調べておくことをお勧めしますね。
そうしなければ外国で購入しても日本に持ち込めないと言うことになりかねません。
価格だけを見て、購入することを決めても輸入する手段がなければ自分の手元には届かないのですね。
輸入代行サービスには2種類あります。
商品の購入から配送まですべてやってくれる場合と、購入はあなたがやって、配送を業者がやる場合です。
どちらの場合でも輸入に関する制限は適用されます。

個人での輸入代行が流行っているようですが、本当に得をするのかどうかはじっくりと見極めなければなりません。
あなたは何を購入したいと思っているのでしょうか。