輸入代行

輸入代行とは

輸入代行サービスを知っていますか。
個人輸入代行について説明しましょう。
一般に営業目的での輸入は認められないけれども、個人的な使用のために輸入できるものがあります。
それらを個人が輸入するためにはいろいろな手続きをしなければなりません。
個人輸入代行とはその手続きのお手伝いをしましょうと言うサービスです。
もちろん、手続きのための手数料が必要となります。
そして、あくまでも輸入するのは個人のあなたであり、業者が輸入したものを購入しているわけではないのです。
そこのところがポイントなのです。
輸入代行の対象品はたくさんあります。
多いものとしては医薬品や化粧品、健康器具などです。
特に医薬品ではバイアグラが有名かもしれませんね。
国内での販売は認められていないのです。
医薬品を営業目的で輸入しようとすると、厚生労働省の認可が必要です。
そこまでして、販売しようと考える業者はいないのです。
また、個人輸入についても制限があります。
1回当たりの輸入量の制限があるのです。

品目によって細かく決められています。
もちろん、個人輸入代行を利用すれば、そのような制限を加味して手続きをしてくれます。
医薬品や化粧品などを購入して使用するのは個人の判断ですが、注意しなければならないことがあります。
その商品が優れたものであるならば、どうして輸入販売されていないのでしょうか。
医薬品の場合は認可のために数年かかります。
また、化粧品などでも安全性が確認されていないものもあるのです。